<< 収穫ゼロ | main | ボチボチ、マッタリ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | by スポンサードリンク
感性。
というわけで、今月で写真教室に通い始めてから
1年経ってしまったわけだが、
自分の写真はどれくらい変わったのか。

来期からはミディアムクラスの第二期が始まるけど、
ミディアム一期は忙しくて課題が撮れなかった月も何度かあったので、
気合を入れなおして臨みたいトコロ。

まぁでも上のクラスになるにしたがって
課題のテーマや条件に合わせて猫を撮るというのが
一層難しくなってきました…。
猫は思い通りに動いてくれなかったり、
自分の思い描いている画の中にそもそも猫がいなかったり。
でも「もうこれ以上は無理!」ってところまでは
トコトン猫オンリーで粘っていこうと思ってます。

来年は写真展もやりたいし、やっぱり1年やった結果、
fotologueでの評価もつきやすくなったし、
昔は決定的瞬間のおかげ(だけ)で良いと言われていたものが多かった気するけど、
最近はやっと作品としての側面で評価され始めたかもしれない。

上手い写真は誰でも撮れるが、良い写真はそうはいかない。
良い写真とは、それを見た人に撮影者の想いが写真を通じて伝えられる写真、と教わったが、
「あ、こういうことかな?」という感触が少しだけ感じられるようになってきた。
そういう意味でも、来期からは本格的に感性に重点を置いた内容になるらしいので楽しみ。
ちなみに、来年は写真教室で(クラス間の境界を越えて)
猫写クラブを旗上げしようと水面下でモクロミ中。

今って、norartistic(ノラ+アーティスティック)な猫写真は
一部のコミュニティを除いては競技人口(?)が意外と少なく、
まだ開拓する余地はあるなといった印象を最近受けた。
先日行ったデザインフェスタにも猫写真の展示はあったけど、
「かわいい〜」といったタイプの作品しかなかったし。

ま、競技という言葉はちと語弊があるかな。
決して競ってるわけではないのだけど、
自分独自の味で新しいフィールドを切り開くだけの
広さがまだまだ沢山ある分野だなと思ったということ。
もちろん、人口は少ないとはいえ、秀でている人は確かに存在します。
このブログでも名前がよく出るhosaka氏はまさにそれに該当するかと。
何度見ても飽きない、「はぁ…」とため息が出る写真を
あれだけ撮れるのは、やっぱりすごいなといつも思います。

少し話がそれたけど、そういう意味で、あながちこの猫写クラブは
将来的にバカにできない存在になるかも、という期待もこめて
今色々考えているところです。
| comments(5) | trackbacks(0) | 写真 | by amaco
スポンサーサイト
| - | - | - | by スポンサードリンク
コメント
猫写真に関しては、確かに開拓の余地ありだね。
それとともに偏見の強さを感じる今日この頃(最近ってワケでもないけど)。
猫に限らず、子供の写真だったり、風景写真だったりにも言える事かもしれないけど。

「お手軽」「一般受けがいいよね」などなど。

「猫(動物)写真=簡単にそれなりの作品になる。」
・・・猫写作家の作品を知りもせず、ちゃんと見ようともせずに、
そんな評価や印象をサラ〜述べられることにちょっとムカっとしてしまうのよね(^^;
まぁ、確かに一般受けを狙うような作品が多いのも事実なのかもしれないけど。
(猫カレンダーとか子猫写真集とか見てると、あたりさわりなくて入りやすいし。)
ワタシは別に「可愛い」写真でも、そこに作者の心が感じられれば素敵だと思うし、
猫(動物)が被写体だから、どーのこーのって言うこと自体が、もうおかしい。
一口に「猫写」といっても、様々な表現方法・世界・目的がある。
そこを見ようとせずに(多分、見る気もないんだろうけど。)、
自分の勝手な思い込みで「一般受け」と決めつけられる事に違和感を感じるんだよね。

現時点での自分の作品では、そう思われても仕方ないかもしれないけど、
でも、そういう人たちにも、
「猫(動物など)がこんなに魅力的な被写体だったんだ!!」
ってわかってもらえるような作品を作れるようになりたいなーって、思ったりする。
ワタシは被写体を猫に限定していないけど、やっぱり、一番思い入れが強いのは「猫」。
いろんな意味で「猫写」へは、貪欲に取り組みたいなーって思う。

| piro | 2006/12/18 12:48 AM |
あ、うん、かわいい写真自体を否定してるわけではないよ。
ただ、かわいい部分を強調して表現している写真が多かったなぁという意味。

>「猫(動物など)がこんなに魅力的な被写体だったんだ!!」

まさにコレです。「猫=かわいい=かわいい=一般受け」
という方程式をいい意味で崩したいんだよね。
猫の一般的な印象ってとても両極端で、
「かわいい」か「ふてぶてしい」のどちらかな場合が多い。
そこをひっくりかえしたいわけ。

写真教室でも言われたんだけど、俺の写真を見て
猫の意外な一面が見られたという意見をもらった。
逆に言うとその固定観念が世間一般にはまだまだある。
それを逆手に取れば、いくらでも目を引く写真って撮れると思うのね。
そういう意味で、まだ開拓の余地が沢山あるなーと思ったのです。

猫写クラブに関しては昨日先生にも是非旗上げしなさいと
言われたので、発足後はご支援よろしくです(wara)
| amaco | 2006/12/24 7:52 PM |
>amacoさん

ワタシ、誤解させちゃうような書き方しちゃった!
ごめんなさい(>_<)。
決して、amacoさんの事をいってるワケじゃないからね。
周りの意見で、ちょっと気る事が多かったもので・・・。
猫を被写体としない人達だから、
そういう風にしか思えないのかもしれないけどね。

猫写クラブ、楽しみにしてるよ!
猫の美しさ・力強さ・神秘性等々。
猫の素晴らしさを作品に表現していきたいです(^^)。
猫写真に対する意識をもっと変えていけたらいいねー。


| piro | 2006/12/25 2:27 PM |
え、全然誤解してないよ〜(wara)

>決して、amacoさんの事をいってるワケじゃないからね。

わかってるよ(^^)こちらこそ誤解させたと思わせて申し訳ない。ごめんよ(^^;

お互いがんばろ〜!
| amaco | 2006/12/25 8:38 PM |
むう! 活動的ですなー(感心)
楽しみに拝見いたしますよ〜♪
| よっしー凸凹 | 2006/12/30 8:53 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://amaco.jugem.cc/trackback/525
トラックバック
-->