<< THE MEATRIX | main | リストラされたドナルド >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | by スポンサードリンク
Pluto


冥王星

米航空宇宙局(NASA)は19日、太陽系の第9惑星の冥王星を調べる無人探査機「ニューホライズンズ」を来年1月17日から2月14日の間に打ち上げる、と発表した。順調に飛行を続ければ、9年後の2015年半ばには冥王星に接近する。

 冥王星は1930年に発見された。太陽から最も遠いため、観測は難しく、これまでに到達した探査機はない。NASAによると、ニューホライズンズは、冥王星と、その衛星カロンの大気や地形などを調査する。その後、冥王星の軌道付近で小天体が集まっている「エッジワース・カイパーベルト」も探査する。太陽から遠く離れた場所では太陽光発電に頼ることができないため、動力にプルトニウム電池を利用する。

(asahi.comより引用)

子供の頃に何度も何度も読んだ宇宙の図鑑には冥王星の写真などはなく、単なる想像の絵しか載っていなかった。ボイジャーが撮った海王星の写真を見た時も感じたが、それまでは写真がなかった分、そのベールが徐々にはがされていった時の感動も大きかったものだ。

↑の写真はハッブル宇宙望遠鏡で撮られた、現在最も鮮明な冥王星の画像だが、9年後にはどのような画像に変わっているのだろう。
それにしても、冥王星(Pluto)の探査機にプルトニウム(Plutonium)電池を採用したのは単なる偶然なのか。
| comments(0) | trackbacks(0) | ニュース | by amaco
スポンサーサイト
| - | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://amaco.jugem.cc/trackback/415
トラックバック
-->