スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | by スポンサードリンク
GIBSON LES PAUL
最近ムショーにギブソンのレスポールが欲しい。
でもいいな〜と思うものは最低でも10万。

もっと腕を上げます。
| comments(0) | trackbacks(0) | 独り語り | by amaco
ロシアンルーレットキラー
私はロシアンルーレットが得意だ。
といっても、ハズレを引かない確率が高いという意味ではなく、
ハズレがハズレにならないことが多いのだ。

今日は写真教室の飲み会でロシアンルーレットチーズ焼きを食べたのだが、
見事に「ハズレ」を引いた。中身は大量のからし。
私は辛いものに元々強いというのもあるが、わさびやからしなどの
鼻に来る系の辛味であれば効率的に外にリリースできる術を知っているので、
ポーカーフェイスと併用すればバレることはない。
でもこの段階ではカミングアウトせずに「俺のは平気だったよ」と言って
まずは他の参加者の様子を見る。

「あ、私セーフ!」
「俺もセーフ〜」
「私も大丈夫〜!」


面白いのはここから。その中に超天然系の子(Aちゃん)がいたのだが、
その子を除く全員が自分のはセーフだったと宣言しているので、
残った彼女がハズレを引いたことになる。
当然みんなの視線は彼女に注がれる。
彼女自身も「え、私?私?」と言わんばかりに確かめながら味わう。
この段階で既に暗示にかかっているのか、少し彼女の顔が引きつってくる。
しかも、ハズレ=激辛からしという情報は事前に伝えられていないので、
どういう味がしたらハズレなのか参加者は誰もわからないためいっそう混乱する。
そして、自分がハズレと暗に認めてしまうわけだ。

そんな流れでその子がハズレを引いた人に確定してしまったのだが、
ハズレの人にはお口直しのシャーベットが用意されているということが知らされたので、
そのタイミングで「実は俺が」とカミングアウトし、シャーベットGET!
なんかハズレっていうかアタリを引いた気分。

そして、最後は「アタリを引いたのにハズレに感じちゃったAちゃんって一体」となり、
天然話に花が咲いて盛り上がった。

でもこれって、フツーに考えるとロシアンルーレットの醍醐味である
ハズレを引いた人がもがき苦しむ姿を見て楽しむという、
人はみなSということの裏づけでもある、
この典型的なオチを潰してることにもなるのだけど、
今の時代はある意味それに参加者側が慣れてしまっている部分も多いわけで。

そういう意味ではこういうのもアリかなと個人的には思っております。
え、ダメ?
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 独り語り | by amaco
長年温めていた話題
子供の頃からずっと思っていたのですが、
シブがき隊とサンバルカンってどうしてもかぶっちゃうんですよね。

バルイーグル=ヤックン=リーダー的存在
バルシャーク=モックン=クール
バルパンサー=フックン=ぶっちゃけパっとしない

話題としては少し温め過ぎた感もありますが、賛同してくれる方も多いかと。
| comments(0) | trackbacks(0) | 独り語り | by amaco
ラプラスの悪魔
ラプラスの悪魔ではないが、私は4歳くらいの頃、天気はある一定の法則によって正確に予測できると信じていた。そしてその法則は天気の図鑑を見ればわかると考えていたので、黙々と天気図鑑を読んでいたことを思い出した(そしてその図鑑に書いてあることを網羅すれば気象予報士になれると信じていた(wara))

というのは、最近は猫写を撮りに行く際に必ず天気予報と日の出時刻をチェックしているのだが、当たり前だが天気予報はあくまでも予報であってよく外れるからだ。実際は量子力学の登場によりラプラスの悪魔は否定されたわけだが、将来量子コンピュータが実用化されたら少しは違う予報に変わっているのだろうか。
| comments(0) | trackbacks(0) | 独り語り | by amaco
気づいた
あまこ→amaco→ocama→おかま(^^;
| comments(1) | trackbacks(0) | 独り語り | by amaco
de L'Hopital's Rule
mixiのとある数学コミュで知ったのだが、ロピタルの定理など、高校で習わないものを使って大学入試の問題を解くと減点されるらしい。その理由は以下のようなものだそうな。

高校までは文部省によって決められた「指導要領」というものがあって、それに書かれた内容以外は教えてはいけないことになっています。ロピタルの定理は指導要領に載っていないので、大学入試ではそれを使った解答は想定していません。教えてはいけないことを習っていない学生が、教えてはいけないことを習った学生より不利になるのはおかしいので、減点することになります。

全くもってナンセンス。では独学で学んで「知ってしまった」人には一体どうしろというのか。ていうか私は実際にアメリカの高校でしっかりと授業でこの定理を学んだ。

厳密に言うと、大学の授業を高校の時に受けたと言った方が正しい。こう書くと何か特別に聞こえるが、飛び級したい人はこの手の授業をガンガン選択して大学の単位を取得することができるというシステムで、事実上「高校の授業」になってしまっている。

国外の話を持ち出すのも同様にナンセンスと言われてしまいそうだが、もし仮に私が日本の大学を受験していたらどうなっていたのだろうと考えるとぞっとするし、間違いなくこの定理を使っていただろう。実際、私は一時期まで日本の大学も受験しようと考えていたこともあった。最低限、問題の制限事項として明記するなり、受験者が事前にわかるように告知するなり、何らかの対処が必要であろう。論法が正しい以上、どのようなアプローチであろうと減点されるべきではない。

ここで、ロピタルの定理がどのようなものなのかおさらいすると、次の4つの条件が満たされるとき、以下の関係が成り立つ、というもの。



(1)単純に計算すると上記式の左辺の極限が不定形となる
(2)関数f(x)とg(x)が共に定義された区間内で微分可能である
(3)上記式の右辺が有限な極限値が存在する
(4)分母のg'(x)の極限値が0にならない

まぁ確かにこれらの条件、特に(2)と(3)を証明せずにいきなり伝家の宝刀といわんばかりに乱用するのはよろしくない。じゃあテイラー展開はどうよという話になるが、調べてみるとどうやらこちらも日本の高校では教えないらしい(誤りがあったら指摘していただきたい)。

でも実は、これらを調べている中でこれ以上に驚いたことがわかった。それは、極限そのものの厳密な定義を高校で教えてないっぽいということ。そう、いわゆるε-δ論法というヤツなのだが、むしろこれ抜きで極限を教えることって可能なの?

誰か教えて下さい。
| comments(2) | trackbacks(0) | 独り語り | by amaco
事実上の決勝
以下、6/30の(自分の)とあるコメントより抜粋。

World Cupも佳境に差し掛かった。
今夜からいよいよ準々決勝。

今大会は前回と比べて良いチームが
順当に勝ちあがったといった印象だが、
(ベスト8の内6チームが過去に優勝経験あり)
中でも私が大好きなアルゼンチンは正に破竹の勢いで、
今回はひょっとすると優勝してしまいそうな雰囲気がある。
セルビア・モンテネグロ戦で見せたあのパスワークからの1点は
94年大会対ギリシャ戦のマラドーナのゴールを
彷彿とさせるようなシーンだった。

そして今夜の対戦相手は、元FWのクリンスマン監督率いるドイツ。
両者とも攻撃的なサッカーというのと、
アルゼンチンにとっては90年大会決勝の雪辱を
晴らすという意味でも非常に激しい展開になると予想される。
キックオフは日本時間の深夜0:00。

…なのだが、録画予約するのを忘れて会社に来てしまった(!)
そして今日は19:00からD-SUKEとデートなので、
急いで帰っても恐らくキックオフには間に合わない。
というわけで、今日はランチを食べずに
昼休みの1時間で一旦帰宅して録画予約してくる。
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 独り語り | by amaco
Argentina!
あるへんてぃーな!あるへんてぃーな!
というわけでWorld Cupが遂に始まってしまった。ヤバイ。

いただいたコメントに対するレスはまた後ほど!すいません。
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 独り語り | by amaco
スノーボードクロス
新種目のスノーボードクロス面白かった。
| comments(2) | trackbacks(0) | 独り語り | by amaco
THE MEATRIX


The Meatrixは私が最も好きな映画の一つだ。
それは、日本語字幕を自分で作ってDVDにしてしまおうかと思っているくらいだ。

そんなThe Meatrixの続編、The Meatrix II: Revoltingが来年の3月に公開されるという。
予告編も1月16日に出るということで今から非常に楽しみである。

個人的な予想としては、Iで活躍する場面が全くなかったChickity(鶏)がIIで↓のムーヴをすると思う。


Trinity
| comments(0) | trackbacks(0) | 独り語り | by amaco
| 1/4PAGES | >>
-->