スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | by スポンサードリンク
挨拶
新年早々文句をたれて申し訳ないのだが、あえて書くことにする。

今に始まったことではないのだが、私のマンションの人間は
エントランスや廊下で会った時に挨拶をしない輩が多すぎる。

いや、何も「平素より一方ならぬご厚情を賜り厚く御礼申し上げます」
などと堅苦しい挨拶を望んでいるわけでもなければ、
私より先に挨拶をしろなどと偉そうなことを言っているわけでもない。

単に「こんにちは」や「こんばんは」とこちらから挨拶した時は
それに対して返すのが最低限の礼儀だろうと言っているだけだ。
だがその当たり前のことができず、完全に無視する人が3〜4割はいる
百歩譲って、声に出さないにしてもせめて会釈くらいはできんのか?

断言しよう。挨拶もまともにできない奴にロクな人間はいない。
また、類は友を呼ぶとはよく言ったもので、
そういう奴の相方も決まって挨拶をしないのだ。

もし、その「寡黙さ」を日本文化の美学とでも
思っているのであればちゃんちゃらおかしい。
続きを読む >>
| comments(9) | trackbacks(1) | モノモース | by amaco
LEGO


LEGO+iPod

私はLEGOが子供の頃から大好きだ。
LEGOは細部までこだわって精巧に作られていて、
いわゆる「こどものおもちゃ」の域を超えたセンスが光っており、
創作意欲が掻き立てられる。
それでいて、子供心をくすぐるキュートな愛らしさがある。
普段は駄菓子と漫画以外にはおこづかいを一切使わずに
せっせと貯金していたamaco少年が1万円のお城を買った、
と言えばいかにLEGOが好きであったかがわかるだろう。

そんな私だが、最近のLEGOはどうしても好きになれない。
それは、近年の人形の顔の変化が原因だ。
LEGOといえば、シンプルな点の目とニコニコ口が最大の魅力であった。

だが今はどうだ。

メガネをかけ、必要以上にヒゲを生やし、挙句の果てには
流行に乗るかのように釣りあげられた眉毛がプリントされる始末。
ここまでしてしまうと、逆にどこにでもある、
単なる「こどものおもちゃ」に成り下がってしまったと言わざるを得ない。


初期世代

第2世代

第3世代

第4世代

第5世代

第6世代


ご覧の通り、昔と今では似ても似つかない程の
大きな差があるのがお分かりだろう。

まず、初期世代〜第2世代のものが私が慣れしたんだLEGOである。
第2世代でもかなり装飾されているが、ここが私が許容できるギリギリラインで、
実際にこの世代に移った時には少なからず違和感を覚えた記憶がある。
だが、それでもベースには初期のニコニコ顔があったので、
そこそこすんなりと受け入れることができた。

だが、問題はそれ以降の世代だ。

実は私は第2世代の頃から、年齢的にブロック遊びをしないようになり、
それからLEGOをほとんど目にすることなく長い年月が流れた。
この間、LEGOは第3、第4世代へと突入し、「子供の頃とは変わっちゃったなぁ」と思いつつも、
この時私はLEGO以外のものに興味を持っていたので、
「残念」とは思ったが「ショック」まではいっていなかった。
とは言うものの、この頃から本格的にLEGOから気持ちが離れ始めたのも事実。

そして私も年を重ね、結婚を意識するようになったと同時に、
自分の子供のことも意識するようになった。

「子供ができたらサッカーを教えたい」
「子供ができたら一緒にLEGOで遊ぼう」

その流れで自分自身のLEGO熱も徐々に復活してきて、
最近(といっても3〜4年前だが)LEGOショップに行って私は自分の目を疑った。

ハリーポッター版などが出て原作のキャラに強引に合わせるべく、
例えば悪役はドラゴンボールのべジータ並のリアルな描写に
なってしまっており、望ましくない変貌を遂げてしまっていたのだ(第5世代)

そして極めつけは第6世代。
第5世代で登場したデフォルメ効果が一般庶民キャラの顔にまで及ぶこととなった。
てゆーかこれはなんなんだ!別のブロックだろ!
これでは最早原型をとどめておらず、私はこれをLEGOと認めるわけにはいかない。

そこで一句。

嗚呼何故だ 良き日のLEGOよ 今いずこ―

なお、ここで言う「世代」は私が勝手に定めたものであり、
時系列順(発売順)に見ると多少前後している可能性もある。
また、現在は第2世代までを除く全ての世代の顔が混在しており、
「世代」だけでひとくくりにできない状況であることにも留意されたい。

いずれにせよ、私に子供が出来る頃にはまた昔のLEGOらしさを
取り戻していることを切に願って止まない。
続きを読む >>
| comments(4) | trackbacks(0) | モノモース | by amaco
JAL
短期間の間にJALのトラブルが相次いでいる。

(1)操縦席から煙、緊急着陸
(2)防氷装置に異常、緊急着陸
(3)無許可離陸滑走
(4)非常用装置の操作し忘れ
(5)管制官の指示聞き違え滑走路に誤進入
(6)エンジンパネルが飛行中脱落
(7)作業車が接触し左翼先端壊れる
(8)着陸時に尻もち
(9)方向舵が飛行中に脱落

内4件は1日のうちで発生したものである。ここまでくると少し異常だ。私は普段JALを利用しているだけにこれは正直怖い。私の叔父がANAのパイロットだったということもあり以前はANAを利用していたのだが、ひょんなことからJALユーザになった(ANAに不満があったとかではなく)。でも今のJALを見ているとまたANAに戻りたいと思ってしまう。いや、最近の話だけでなく、今までもANAの方が総じてトラブルが少ない気がするのは気のせいだろうか。

| comments(2) | trackbacks(0) | モノモース | by amaco
右とか左とか
自民党の中西一善衆院議員が強制わいせつ罪で逮捕された。その記事の中で非常に気になった記述があった。以下、Yahooより一部引用。

調べによると、中西容疑者は同日午前2時5分ごろ、東京都港区六本木の路上で、江戸川区の旅行企画業の女性(22)に、前から無言でいきなり抱きつき、建物の壁に押しつけ、服の中に手を差し入れて左胸をわしづかみにした。女性とは面識がなかったという。

ここで、「左胸」だとか「わしづかみにした」だとかいう情報は必要ないだろ。この記事を書いた記者は、何かしらのエロティシズムを表現したがっている気がしてならない。

ちなみに、中西議員HP(現在閉鎖中)は彼自身の名にちなんで「一日一善」というタイトルだが、これでは一日一悪である。

| comments(0) | trackbacks(0) | モノモース | by amaco
万引き
先日、某女性タレントが(今更名前を伏せる必要はないと思うが、荒らし系の輩がそのタレント名で検索してココにたどり着くのは嫌なのであえて伏せさせていただく)、とあるTV番組で自身が過去に犯した万引き行為を告白したことで問題になっている。

万引きは言うまでもなく犯罪で、それをTV番組で告白するというのは論外だが、私はそれよりも気になることがある。別に今回の事件に限ったことではないのだが、普通に会話をしていて普通に自分がやった万引きを平気で語るヤツが異様に多い気がしてならない。要するに罪の意識が非常に薄い、または全くない人が多過ぎるのだ。小中学生時代だから時効?冗談じゃない。もっと酷いのは、私は万引きなどしたことがないと言うと「えー?!一回くらいあるでしょー」と驚くヤツ。驚きたいのはこっちだ。一体どんな育てられ方をしてきたのだ。TVで言おうと思った本人も、それにGOサインを出したマネージャーも、番組制作スタッフも、みんな罪の意識が欠けていたから、あれがオンエアされるに至ったのであろう。悲しいことである。

これは万引きだけでなく、ゴミのポイ捨てもそうだ。子供の頃はよく駄菓子を買って外で食べたものが、ゴミをその辺に捨てるヤツは多かった。ハッキリ言って、お菓子を入れてくれた袋にゴミを入れればいいだろ!当時は皆ママチャリに乗っていたのでカゴが付いていたんだから、ゴミを入れたその袋を自転車のカゴに入れて家に持って帰ればいいだろ!ゴミに関しても一回も捨てたことがないというと驚くヤツがいる。ふぅ。

共通しているのは、「悪い行為=かっこいい」という幻想が彼らの頭を支配しているということだ。まぁ、子供ならそのように思う時代もあるだろうが、それとこれは全く別ではないのか?

よく凶悪な少年犯罪が起きると学校教育がどうだとか、残虐ゲームがどうだとか言うが、子供は1にも2にも親が何を教えているかで全てが決まるといっていいだろう。普通の親は「万引きはしちゃダメ」などとわざわざ言わないが、それは当たり前にいけないことだということは、「人に迷惑をかけてはいけない」という既知の親の教えから容易に導きだせる(導きだすことができるようになるようにしつけなければならない)。もちろん、「教える」というのは何も明示的にこうこうこういうことはしてはいけないと言うことだけではない。愛情をたっぷりと注ぐことも「教え」だ。

と、この論議は無限に膨らんでしまうので、尻切れトンボではあるがこのへんにしておく。
| comments(2) | trackbacks(0) | モノモース | by amaco
盗作騒動
元モーニング娘。の「なっち」こと安倍なつみの盗作問題で、所属事務所のハロー!プロジェクトのメンバー総勢45人が謝罪をしたとの記事があったが、なぜ本人が謝罪しないのだろうか。むしろ盗作そのものよりも問題に感じる。ショックを受けているというのもわかるが、やはりここは自分で蒔いた種は自分でけじめをつけないといけないと思う。それは、活動を自粛することなどよりもずっと大事なことではないだろうか。
| comments(1) | trackbacks(0) | モノモース | by amaco
13日の金曜日
以下、Yahooより引用。

「占いの細木数子氏(66)が俳優保坂尚輝(36)にかみついた。フジテレビは17日に「細木数子の人生ダメ出し道場2」(火曜午後7時)を2時間スペシャルで放送する。番組収録で、細木は出演した保坂に対し、高岡早紀(31)との離婚について「子供が犠牲者。あんたの理論は自己弁護にすぎない」と説教した。保坂は「子供はちゃんと理解してくれてる」と反論。最後には細木が「あんたは地獄に落ちる」とまで断言。番組は予期せぬ方向へ進んだ。」(日刊スポーツ)

あんたは閻魔様ですか?
| comments(0) | trackbacks(0) | モノモース | by amaco
豚とごはん
また松屋ネタ。

今度は文句だ。前回、豚丼におろしポン酢たれをかけるとぶたしゃぶになると書いたが、この技の欠点は、たれが下のごはんレイヤーにもいってしまい、いわゆる「つゆだく」状態になってしまう。私はごはんはなるべく汚されていないピュアな状態で堪能したいので、これは許せない。

そこで、今日行った時は、食券を渡す時に「豚とごはんを別々にしてください」と頼んだのだが、それはできないと言われた。なんということだ。皿をもうひとつ用意するだけでできることではないのか。これには腹が立った。しかも、ちょうどその後入ってきた客に向かって「いらっしゃいませ、こんにちはー」を連呼する。私はこの間違っているいわゆる新・丁寧語が気に入らないので非常に耳障りで、逆撫でされた気分であった。

せめて、豚とごはんを別にできない理由を納得のいくように説明してほしい。

まさに、モウケッコウならぬ、ブーライス(不来=もうこない)だ。
| comments(0) | trackbacks(0) | モノモース | by amaco
| 1/1PAGES |
-->